展覧会概要

 東義孝は一つの画面の中に聖と俗、美と醜、異なる要素を混ぜ合わせた絵画を一貫して描き続けた作家です。京都造形芸術大学卒業後、発表の拠点を関西から東京へ移しながら精力的に活躍の場を広げました。しかし、2010年に突然自宅で亡くなり、彼の創作は道半ばで途絶えてしまいます。

 本展のテーマは、タイトルでもある「庭の見世物小屋」です。東が生まれ育った家には森のような裏庭があり、庭と知らずに恐る恐る立ち入る見ず知らずの人々を幼い東は観察していました。それは東にとって、のぞき見したくてたまらない誘惑を駆り立てる「見世物小屋」のような存在であり、東が描く絵画は、そういった彼の体験から生み出された「庭」をのぞき見するような秘密めいたあやしさ、美しさと残酷さが共存する混沌を感じさせます。

 本展は東義孝の創造の軌跡を追う回顧展であり、発表の場を東京に移した2005年以降の作品を中心に100点余を展示します。「絵を描いて生きてゆくこと」の実践と困難を一人の画家を通じて考える機会になれば幸いです。

東義孝 庭の見世物小屋 Attainment to Chaos

2011年9月28日[水] - 2011年10月10日[月・祝]

略歴
東義孝
1977年 大阪府生まれ。
2002年 京都造形芸術大学美術工芸学科洋画コース卒業。
2005年から定期的に個展を開催。
2006年 「After The Reality」(Deitch Projects/ニューヨーク)
2007年 「ポートレート・セッション」(広島市現代美術館/広島)などの企画展に参加。
2010年 自宅にて死去。
会場
京都造形芸術大学 ギャルリ・オーブ
時間
11:00~18:00(最終日は16:00まで)
京都市左京区北白川瓜生山2-116 京都造形芸術大学 人間館1F
休館日
な し
入場料
な し
主催
京都造形芸術大学
協力
東義孝美術展示室、山下工務店

特別講演 l
アーティストとして生きるということ
本学美術工芸学科長であり現代美術作家の椿 昇先生と、『REALTOKYO』『Realkyoto』発行人兼編集長の小崎哲哉氏を迎え、これまでの豊富な経験を踏まえ、アーティストとして生きることはどういうことか、アーティストを目指す方に向けて叱咤激励の想いを込めて語っていただきます。
日時
9月30日(金)17:30~19:00
会場
ギャルリ・オーブ 吹き抜けスペース
講師
椿昇(本学教員)
×
小崎哲哉(『REALTOKYO『Realkyoto』発行人兼編集長)
参加費無料・申込不要
講演会後に同会場でささやかなレセプションパーティを開催します。
19:00~20:00
特別講演会 ll
僕らのお金と人間関係
主な活動拠点を東京に構え、様々な発表や活動を行っている3名のアーティスト、青山 悟氏、榎本耕一氏、抜水摩耶氏をお招きし、これからアーティストを目指す方たちが不安や疑問に思っているアート業界の実際について、それぞれの貴重な体験談をお話いただきます。司会進行は『トリ・スクール』の岡山拓氏。
日時
10月5日(水)17:30~19:00
会場
ギャルリ・オーブ 吹き抜けスペース
講師
青山 悟 × 榎本耕一 × 抜水摩耶(五十音順)
参加費無料・申込不要
ギャラリートーク
かつて東と同じコマーシャルギャラリーに所属し、苦楽を共にしたライバルであり親友の榎本耕一氏と、東のパートナーである東明子による作品解説を行います。
日時
10月9日(日)15:00~16:30
会場
ギャルリ・オーブ
担当
東明子、榎本耕一
参加費無料・申込不要

Galerie Aube ギャルリ・オーブ 京都造形芸術大学 人間館1階

606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
telephone : 075 791 9122
市バス5系統「上終町京都造形芸術大学前」下車すぐ
叡山電鉄叡山線「茶山駅」より徒歩10分
駐車場・駐輪場はございませんので、
公共の交通機関をご利用ください。
地図